riapi’s blog

りあの毎日の幸せな気持ちを書く

生きることは奇跡を起こしている

おはようございます。


ブログを始めてから今日で50日目です。



何も知らないで、訳もわからず始めましたけどなんとか続けてこれました。
読んでくださる皆さんありがとうございます。



実は、私は25歳の時に余命半年の宣告をされました。
病院で死ぬか、自宅で死ぬか選んで下さいと言われて私は頭の中が真っ白になり、1週間は何も考えられない状態でした。

何かあった場合の準備はしましたが、まだまだ若い頃でしたので、とても怖かったです。


何より、まだ生きていたい気持ちが強く、医者が治せないなら、自分で努力してみようって思い、医学書を読み、食事療法を知り、勉強して実践してきました。


かなり詳しくなりました。


医学と食事療法の勉強はたいへん役に立ちました。



5年前に、入院した時、先生からネット検索して調べたけど今の日本であなたの病気を治せる医者はいないと言われています。



あれから、時が過ぎて私はアラフォーになりました。
自分だけの力ではなく、と言いたいですが、自分の勉強と実践した努力だと思います。


去年は、舞台とライブに行けました。自分の身体が回復傾向になり、毎日楽しんでいます。


毎日発作で苦しんだ日々も忘れることはできないですが、高校時代や、大学の時なんてものじゃないほど、医学と食事療法の勉強をしましたし、自分の財産にもなりました。



朝から重めの話で申し訳ありません。