riapi’s blog

りあの毎日の幸せな気持ちを書く

若く見えることの良し悪し

私は昔から若く見えるみたいです。




二十歳の時、二十歳の記念に腕時計を買おうと時計店に行きました。

お店でどれを買おうか見ている途中に、店長さんが来てびっくりする事を言われました。



「お嬢ちゃん、いくら持ってきたのかな?」




お客様にずいぶん失礼な言い方です。
私は二十歳で大人なので怒りましたが、店長さんは私が幼い子供と勘違いしたことに気づいて




「二十歳です。腕時計を買いに来ました」と言いました。


店長さんは、あわてて、すいませんでしたって何度も謝れましたが、自分が幼く見えることも問題なので大丈夫ですよ、と言いました。





23歳の時、少し遠いところのスーパーにお買い物した時、レジのおばさんに



「学校に行かなきゃダメですよ。中学生は授業中でしょ」



と言われて、びっくりしました。





23歳だから、大学も卒業しています。


レジのおばさんに
「23歳だから、中学生ではないですよ。」

と言いましたら、あわててすいませんと若いので子供と勘違いしましたって謝れましたが




20代は子供と勘違いされるのが嫌でしたが、今の年齢になり若く見えることが嬉しい気持ちになり、





人間わからないですね。