riapi’s blog

りあの毎日の幸せな気持ちを書く

また私の中で沸き上がるMALICE MIZER

こんにちは。

最近、MALICE MIZERへの熱い想いに浸っています。

 

 

90年代ヴィジュアル系バンド、たくさんのバンドを思い出しますが、パフォーマンスと楽曲において独自の世界観で魅了したバンドは、やはりMALICE MIZERと思います。

 

 

ヴォーカルが3人、入れ替わりましたが

それぞれ第1期、第2期、第3期と言われています。

 

第1期はTETSUさん

インディーズ時代最初のボーカルです。

音楽の方向性の違いで脱退したそうです。

 

第2期は、メジャーレーベルに移行した少し前に、Gacktさんが加入した一番有名な時期です。Gacktさんの脱退はかなりショックでした。

 

第3期、Klahaさんが加入した時期です。

2001年に活動休止しました。

 

 

 

私は、Gacktさんがヴォーカルだった時にハマっていましたが、Mana様のファンです。

クラシックがもともと大好きな私に音楽の世界観がとても心地よく、当時は女形のバンドをしている人は珍しく、ゴスロリのギタリストは衝撃的でした。

 

 

Gacktさんの脱退に続きドラムのKamiさんがお亡くなりになり、活動休止になってしまった伝説のバンドです。

 

 

去年2018年に、25周年の二夜ライブを3人のゲストヴォーカルを招いて3人でファンに華麗なステージを魅せてくれました。

 

今年、Kamiさんの命日にBlu-rayを発売し、活動休止から18年の月日が立つことを感じさせないパフォーマンスと美しさです。

 

 

ファンとして、またMALICE MIZERに活動再開して欲しいです。

 

無理かもしれないけど、またGacktさんボーカルのMALICE MIZERが見たい!聴きたい!

 

 

同じ気持ちのファンの方がいると思います。

それほど、凄いバンドです。

 

 

あと、Mana様と私の姉が同じ日に誕生日なんですよね。

MALICE MIZER復活を願います。