riapi’s blog

りあの毎日の幸せな気持ちを書く

ウルトラスーパー慢性便秘が治った経験談

こんにちは。

 

お久しぶりです。

 

 

今日は私自身の究極の便秘の体験談をお話します。

 

便秘といっても、お薬を飲めばお通じがある人。ヨーグルトやプルーン、繊維質の野菜たっぷりを摂ればお通じがある人。便秘に効くお茶を飲めばお通じがある人がたくさんいると思います。

 

 

私の慢性便秘にはこれらは、全く効果がありませんでした。

 

私の場合

 

①コー○ックを1日に30粒飲んで何も変化無し

②漢方薬を飲めばお腹痛いだけで変化無し

③ヨーグルトやヨーグルトの50倍の乳酸菌を飲めば何も変化無し

④飲めばお通じがでるというお茶はやや効果があるお茶が1種類。他の商品は何も変化無し

⑤プルーンや繊維質のものを食べても何も変化無し

 

 

1年や2年お通じ無しは当たり前でした。

 

 

20代で腹痛で救急車で運ばれてレントゲン撮影しましたら胃の半分まで溜まってました。

 

すぐ入院しました。

2週間全ての下剤を試してみて何も変化無し。

ありとあらゆる手段が何も変化無し。

お医者さんがギブアップして治療出来なくて退院しました。

 

 

そこから私の食事療法が始まりました。

やはり、マクロビオティックにたどり着きました。

現在は身体に良い食事を心がけていますがマクロビオティックはお休みしています。

胃に玄米食は負担がかかって身体が弱い時は止めた方がいいことと、便秘が完全に治ってしまったので、動物性タンパク質も摂るようになりました。

何より、食事療法を嫌がる人と食事を一緒に出来なくて人間関係で悩むことがあるからです。

 

 

 

薬膳料理や薬膳茶、ハーブティーも試してみて、マクロビオティックは効果がある食事療法でした。

 

 

まず重要なのは、足すのではなく引くこと。

 

 

よくテレビや雑誌や便秘の本など、この食材が効くとかあります。

 

 

100%は否定しないですが、最初は身体に悪いものを全部止めること。

 

私の場合は大豆と小豆入りの玄米食と昆布と干し椎茸の出汁で作ったお味噌汁とひじきこんにゃく、きんぴらごぼう、青菜の炒め物を食べてました。

 

この時点では下剤は飲んでいました。

 

3日後にお通じがたくさん出るようになりました。

1ヶ月後から下剤は飲んでいません。

 

2年くらいはお通じの好不調は波がありましたが、現在まで下剤を飲むことなく毎日お通じがあります。

 

 

これは、お医者さんが治せない。下剤は効かない。食生活改善しても何も変化無しの方に読んで欲しいです。

 

 

マクロビオティックに限らず、体質改善をすることが1番の近道です。

私は食事療法と並行してウォーキングを毎朝していました。

 

現在は食事に気をつけながら、薬膳料理を月に1回食べに行きます。

 

深刻な悩みだった慢性便秘から解放されて、食事療法の勉強も楽しいです。